心理資格ナビ
ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ

メンタルケアカウンセラー®になるには

更新日:2017/05/23

メンタルケアカウンセラー®とは

イメージ

メンタルケアカウンセラー®とは、「メンタルケア学術学会」「一般財団法人生涯学習開発財団」「一般財団法人ヘルスケア産業推進財団」という3つの団体が認定する公的学会認定資格です。

厚生労働省が「ストレスチェック制度」をスタートさせるなど、メンタルヘルス対策に積極的に取り組むようになり、企業や教育、公的団体などさまざまなところで「メンタルケア」といったことに注力されるようになってきました。そのような状況で、心の病気を未然に防ぐため、心理学的知識とスキルを以ってカウンセリング業務にあたる人材のニーズも高まっています。「メンタルケアカウンセラー®」はその担い手となる第一歩とも言える入門資格で、取得後はさらに上級資格の「メンタルケア心理士®」「メンタルケア心理専門士®」、また「産業カウンセラー」といったより専門性の高い資格を取得し、その職に就いている方が多いようです。

メンタルケアカウンセラー®になるには

メンタルケアカウンセラー®になるには、メンタルケア学術学会が指定する講座を受講し、修了認定のためのテスト(レポート)を受けなければなりません。資格取得までの流れは以下のようになります。

指定講座を受講

レポート試験に合格

資格登録を行う(登録料5,100円)

認定証の発行

指定講座は、通信講座で開講されており、比較的安価でなおかつ短期間で取得できるので、チャレンジしやすい資格と言えるでしょう。

メンタルケアカウンセラー®の指定講座

例えば以下のようなスクールの通信講座があります。

スクール名 学習スタイル 金額
ヒューマンアカデミー『たのまな』 通信講座 39,000円
TERADA医療福祉カレッジ通信教育校 通信講座 39,000円
LEC東京リーガルマインド 通信講座 39,000円

上記の講座で学べる内容
1、カウンセリング(カウンセリングとは何か/カウンセリングの方法・姿勢/心理療法に関する知識など)
2、心理学(歴史的経緯/心のトラブル/欲求のメカニズムなど)
3、人の心と体(精神障害/体と心の関係/脳の仕組みなど)

メンタルケアカウンセラー®の活躍の場

メンタルケアカウンセラー®は、あくまでも「メンタルケア」の入門レベルです。この資格があるからと言ってすぐに心理系の専門職に就けるとは言い難いのが正直なところ。日常生活や職場において、コミュニケーションを円滑にする、ストレスをうまくコントロールといったことで、自分自身や家族、周囲の方々のメンタルケアに活かすことから始めてみるといいかもしれません。また、人事や営業、管理職といった方でも、現職に活かして活用することができそうですね。

まとめ

前述でもお伝えしたように、「メンタルケアカウンセラー®」資格だけで、心理職に就くのは難しいかもしれません。資格を取得して仕事にしたいと考えるのであれば、さらに上級資格の「メンタルケア心理士®」「メンタルケア心理専門士®」の取得も併せて検討してみてはいかがでしょう。W取得やトリプル取得を謳い、まとめて取得を目指す講座も開講されています。

ストレス社会と言われる今、自分でも知らぬ間に心の病にかかってしまっていたり、悩みを抱えていても誰にも相談できなかったり、といった方々が増えています。それを回避すべく「ストレスチェック制度」が施行され、政府から企業へ、そして個人へと「メンタルケア」に対する意識付けが行われつつあります。しかしながら、その方法や手段がわからないという声が多いのも事実。今後は、メンタルケアの意識付けとともにメンタルケアカウンセラーをはじめとする心理系専門家の活用についても、広く社会が意識していく必要があるかもしれませんね。