キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは?キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント
このページを監修しました
城川 光子

1985年、東京生まれ。私立渋谷幕張高等学校、上智大学文学部、関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻。
公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー試験合格。心療内科クリニックでのカウンセリング、小学校スクールカウンセラーなどを経験。「全ての気持ちがあなたの大事な一部」をモットーに、本人の気持ちに寄り添ったカウンセリングを心がける。二児の母。

※城川光子の監修ページには、監修者情報を表示しています。
※スクールや講座については、スクールに直接お問い合わせください。

このブログを購読してみる

名称独占資格であり、所持していないと名乗ることができない!

キャリアコンサルタントとは、有資格者のみが「キャリアコンサルタント」という名称を用いることができる国家資格です。2016年4月に国家資格が創設されました。5年毎の更新が必要です。
登録制の『名称独占資格』とされ、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。
職業能力開発促進法では「キャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする」(職業能力開発促進法・第三十条の三)とされています。
このキャリアコンサルティングとは「労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと」(職業能力開発促進法・第二条第5項)と定義されています。また試験にパスし登録した人以外は「キャリアコンサルタント」やそれと紛らわしい名称を名乗れません(職業能力開発促進法・第三十条の二十八)。
キャリアコンサルタントは、「キャリアコンサルティングを行う専門家」です。 よりよい働き方、よりよい人生、よりよい社会を実現するために、人間の生き方を「仕事に対する意欲や課題」「これまでの経験」「将来への展望」といった「キャリア」の視点から捉えるキャリアコンサルタントは、社会のさまざまな場所で活躍しています。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

キャリアコンサルタントが国家資格(名称独占資格)になった背景

キャリアコンサルタントが国家資格となった背景には、厚生労働省のキャリアコンサルタント養成計画があります。これは「自らの職業能力の棚卸に基づきキャリアアップ・キャリアチェンジを考える機会を多くの国民に提供するための方策」であり、それを実現するため「キャリアコンサルタント」を国家資格化し、令和元年度末に7万9千人、令和6年度末に10万人の数値目標を掲げています。
これにより、今まで乱立していた曖昧な定義に基づく「キャリアコンサルタント(キャリアカウンセラー)」を統一し、一定の知識やスキルが保証されたキャリア形成の専門家として位置づけられるようになりました。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

キャリアコンサルタントになるには

資格試験の受験資格を得ることが前提!

キャリアコンサルタントになるには、資格取得に向けたステップをクリアしなければなりません。

  1. 受験資格を得る
  2. 試験に合格する
  3. 登録をする

まずはじめに、受験資格を満たす必要がありますね。尚、受験資格は以下となっています。
受験資格:
1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者
※試験免除について
以下に該当する方は、キャリアコンサルタント試験の該当試験が免除されます。
・キャリアコンサルタント学科試験又は実技試験においてどちらか片方の合格者は、合格している試験が免除。
・技能検定キャリアコンサルティング職種の1級又は2級の学科試験、実技試験のどちらか片方の合格者は、キャリアコンサルタント試験の対応する試験が免除。
・平成28年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(平成28年3月まで実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験等)【指定の試験等一覧】に合格した方等は、キャリアコンサルタント試験についても対応する試験の合格者とみなされ、対応する試験が免除されます(平成28年4月から5年間有効)。

試験合格後に資格登録が必要!

キャリアコンサルタントになるためには、試験に合格した後、特定非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会の「キャリアコンサルタント名簿」に登録を行うことが必要です。登録するうえで、かかる費用や必要書類などをまとめてみました。

▽キャリアコンサルタント 資格登録に関する事項
項目内容
資格登録にかかる費用登録手数料:8,000円
登録免許税:9,000円
登録までの流れweb申請により進めていきます。
1. マイページ作成
『キャリアコンサルタントwebサイト』にて
メールアドレス登録、パスワード発行、申請画面にて情報入力
2. 合格証のアップロード
3. 申請後、提出書類の送付
※提出書類送付時に収入印紙が必要となります。
4. 申請完了(登録センターで審査)
5. 登録手数料の支払い
審査完了の通知メールが届き次第、マイページより登録手数料(8,000 円、非課税)をお支払う。
※支払方法はコンビニペーパーレス決済、又はクレジットカード決済(VisaかMaster)
6. 入金を確認後、登録証を発行
2~3週間程で発行される予定だが、時期によって3~4週間かかることもあり。
※郵送での手続きも可能。詳しくは、キャリアコンサルタントwebサイト『郵送の場合の手続きの流れ』をご確認ください。

尚、次のいずれか一つに該当する方は登録を受けることができません。注意が必要ですね。
1. 成年被後見人または被保佐人
2. 職業能力開発促進法(昭和 44 年法律第 64 号。以下「法」という。)又は法に基づく命令に違反し、罰金以 上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から 2 年を経過しない者
3. 法又は法に基づく命令以外の法令に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受け ることがなくなった日から 2 年を経過しない者
4. 法第 30 条の 22 第 2 項の規定により登録を取り消され、その取消しの日から 2 年を経過しない者
また、キャリアコンサルタントは、5年ごとに更新が必要です。更新を受ける際には、知識講習8時間以上、技能講習30時間以上を受講することが定められています(一部免除対象あり)。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

キャリアコンサルタントの試験日程・試験概要は?

年4回実施されています。

キャリアコンサルタント試験は年4回実施されます。試験は学科と実技(論述・面接)で行われますが、前回までの試験でどちらか一方を既に合格されている場合や、指定試験で対応する試験に合格されている場合については、その試験は免除となり、学科もしくは実技のいずれかのみの受験が認められます。
試験は「特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会」「特定非営利活動法人日本キャリア開発協会」の二つの協会で実施されています。尚、試験日や試験地などが異なるので注意しましょう。

▽【2020年実施】キャリアコンサルタントの試験概要
項目試験日程(予定)
試験日程第15回試験
●学科・実技論述試験
2020年11月1日(日)
●実技面接試験
2020年11月7日(土)、8日(日)
追加日程:2020年11月15日(日)
●受験申し込み期間
2020年8月17日(月)~2020年9月1日(火)
※合格発表は2020年12月15日(火)予定
試験時間数:
学科:100分
論述:50分
実技:20分(ロールプレイ15分 / 口頭試問5分)
第16回試験
●学科・実技論述試験
2020年3月7日(日)
●実技面接試験
2021年3月20日(土)、21日(日)
追加日程:2021年3月13日(土)
●受験申し込み期間
2020年12月16日(水)~2021年1月7日(木)
※合格発表は2021年4月16日(金)予定。
出題範囲・問題数出題範囲:
・職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
・キャリアコンサルティングの理論に関する科目
・キャリアコンサルティングの実務に関する科目
・キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
・キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目
問題数:
学科:50問、論述:1~2問、実技:1ケース
試験場所(都道府県)学科試験:
札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・愛媛・福岡・沖縄
実技試験:
札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・愛媛・福岡・沖縄
※エリアによっては、開催されない場合もあります。詳しくは各試験実施回の受験案内に試験実施地区が記載されています。そちらでご確認ください。
受験料学科:8,900円
実技(論述・面接試験):29,900円
合格基準学科:
100点満点で70点以上の得点。
実技:
150点満点で90点以上の得点。ただし論述試験の満点の40%以上、かつ面接試験の評価区分の中の「主訴・問題の把握」「具体的展開」「傾聴」のいずれにおいても満点の40%以上の得点が必要。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

キャリアコンサルタント試験の学科・実技試験実績データ発表!

▽【学科試験】実績データ
試験実施日受験者数合格者数合格率
第14回
(2020年3月実施)
1,728人1,194人69.1%
第13回
(2019年11月実施)
1,840人1,296人70.4%
第12回
(2019年7月実施)
1,863人1,406人75.5%
第11回
(2019年2月実施)
1,919人1,203人62.7%
第10回
(2018年11月実施)
1,846人1,161人62.9%
第9回
(2018年8月実施)
1,366人439人32.1%
第8回
(2018年5月実施)
1,387人831人59.9%
▽【実技試験】実績データ
試験実施日受験者数合格者数合格率
第14回
(2020年3月実施)
1,810人1,182人65.3%
第13回
(2019年11月実施)
1,821人1,191人65.4%
第12回
(2019年7月実施)
1,613人1,108人68.7%
第11回
(2019年3月実施)
1,636人1,213人74.1%
第10回
(2018年11月実施)
1,317人865人65.7%
第9回
(2018年8月実施)
1,098人745人67.9%
第8回
(2018年5月実施)
1,083人779人71.9%

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

仕事内容・活躍の場は?

キャリア形成支援のプロフェッショナル!

個人のキャリア形成は自己理解、職業理解、啓発的経験(意思決定を行う前の体験)、職業理解、方策実行、仕事への適応の6ステップで構成されており、キャリアコンサルティングはこれらのステップにおける個人の活動を援助するものと言われています。この6ステップがPDCAのように職業生活の節目ごとに繰り返され、知識・経験が深まっていくとされています。
キャリアコンサルタントの主な活躍の場は企業での仕事で、34.2%となります。勤務先は1000人以上の規模の企業が32.2%と最も多く、キャリアコンサルタント資格保持者が大企業に多いことがわかります。企業内では人事や総務、経理などの部署で、社員面談をする場合も多いようです。企業は「個人のキャリア形成のニーズ」と「企業が従業員に求めるニーズ」との調和を図るための組織的、計画的かつ継続的な努力をしなければならないとされており、一部の大企業ではキャリアカウンセリング室を設け、従業員からの様々な相談に応じたり、研修をすることもあります。
次いで需要調整機関(派遣、ハローワーク、転職・再就職支援など)で20.2%となっています。就転職希望者の要望を聞き、職務経験の棚卸しや自己理解の促進を図り、適切な助言・指導をします。例えばハローワークでは一般求職者をはじめ、若年者、新規学校卒業予定者、非正規から正規労働者になることを希望する方、母子家庭の母、高年齢者、障害者、外国人、生活困窮者など対象者が幅広く、それぞれの方に合った正確な情報を提供したり、適職の選択や職業生活について適切な判断ができるように相談に乗り、就職の可能性を高めていきます。求職者に適した求人情報を提供し、あるいは職業訓練など職業能力開発に関する情報提供、応募書類の作成指導、面接についての指導も行います。
仕事に関する相談に乗るプロフェッショナルと考えれば、イメージしやすいかもしれませんね。
次いで業種として多いのは「教育、学習支援(高等教育機関)」17.2%です。例えば大学のキャリアセンターではキャリアコンサルタントとの面談で、学生の自己理解や職業理解の支援、履歴書やエントリーシートの添削や、面接対策の相談に応じます。就職活動中の学生に限らず、まだ就職活動前だけれども自己理解や職業について学びたい、弁護士や会計士などの取り方を教えて欲しい、就職活動も終盤だけど内定が取れない、など様々な相談があります。青年期と呼ばれるこの年代は「自立」の課題があり、学校教育を終えて社会に出て行く移行の時期にあたり、それを意識しながら支援します。つまり単に履歴書や面接のアドバイスにとどまらず、その学生がこれから目指していること、今学んでいること、過去の経験、結婚や家族の希望といった将来の設計など、人生全体を俯瞰しながら総合的な判断が必要になります。
なかなか就職活動がうまくいかない学生のうち、発達障害が疑われる事例も時折あり、様々なアセスメントツールや適性検査を活用し、時には保護者との連携や、医療機関への受診を勧めることもあります。
また、キャリアに関する科目やセミナーを担当することもあり、自己理解やキャリアデザインについて考える機会を学生に提供します。

企業、教育機関、公的機関、各種団体など活躍の場は様々!

キャリアコンサルタントの活躍の場は、企業、教育機関、公的機関、各種団体まで多方面に広がっています。主な活躍の場と大まかな仕事内容をまとめてみました。

▽キャリアコンサルタントの主な活躍の場・仕事内容
活躍の場主な職場・仕事内容
一般企業企業内カウンセラーとして従業員のキャリア相談やキャリア形成支援
人材派遣会社、民間職業紹介会社登録者の面談~派遣先企業とのマッチング、就業後のフォロー
教育機関
(中学校、高等学校、大学、大学院、専門学校など)
就職支援や進路相談、キャリア形成に関する授業やセミナーを開講
公的機関ハローワークや高齢者向け就職支援センターにおける求職者支援
独立してのキャリアコンサルティング業務企業・団体等の委託により、従業員などへのキャリアカウンセリング、学校等でキャリア教育の指導者や講演活動など

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

待遇面・将来性は?

国家資格化により資格の信頼性、社会的地位も高まっている注目資格!

国家資格化したことで、資格の信頼性、キャリアコンサルタントの社会的地位も高まり、今後ますます注目されることでしょう。収入面では最も多いのが「200~400万未満」で33.2%、「400~600万未満」が21.5%、「600~800万未満」14.1%となっており、一般的な民間給与実態とほぼ重なります。ただ、企業では「400~600万円未満」「600~800万未満」「800万円以上」が多いのに対して、学校・教育機関、需要調整機関(ハローワークなど)、地域(若者サポートステーションなど)、その他では「200万円未満」「200~400万未満」が多く、企業とそれ以外で隔たりがあることがわかっています。
(独立行政法人労働政策研究・研修機構JILPT 2018年度調査)
https://www.jil.go.jp/institute/reports/2018/documents/0200.pdf
国家資格とはいえ、受験資格で学歴を問われることはなく、実務経験がなくても民間のスクールで講習を受講すれば受験可能な、比較的チャレンジしやすい資格といえるでしょう。職種や業界に関する幅広い知識が求められ、相談者のライフキャリア全体を見据えた自己理解・適職へのマッチングなど、大変やりがいのある仕事ではないでしょうか。相談者への「コンサルタント」という仕事に興味のある方や「キャリア」という側面で人を助けたいという方、社会人経験を活かして人の役に立ちたいという方にもおすすめの資格です。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

キャリアコンサルタントの講座探しで困ったら

複数スクールでの比較検討がおすすめ!

キャリアコンサルタントの講座開講しているスクールは、複数あります。そのため、度の講座を受講すればよいか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
無理に最初から絞り込まずに、複数スクールで受講費用や学習サポート面など細かな点までしっかり比較検討されることをおすすめします。無理なく受講できる自分合った講座選びをしたいものですね。

【キャリアコンサルタント養成講座】の資料請求はこちらから[無料]

タイトルとURLをコピーしました