心理資格ナビ
ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ

自分の魅力に気づく方法

更新日: 2017/10/23

自分の魅力を認識する大切さについて

イメージ

カウンセラーのたまきです。私たちが暮らしている日本は、昔から謙遜と謙虚を美徳とする国です。そのせいもあってか、自分の魅力や価値をちゃんと認識していない人が多いと言われています。もちろん、謙遜や謙虚が良い場面もたくさんあるのですが、いきすぎるとそれは低い自己評価につながってしまいがちです。

実際に私が心理カウンセラーとして様々なご相談を受ける中でいつも感じることの一つに、「自分の魅力や価値をないものとして認識している人が多い」ということがあります。

自分の魅力を自分の親から伝えてもらって育った人というのは、ある程度自分の良いところについて理解を示しています。しかし先ほども言った通り、謙遜と謙虚を昔から美徳としている世の中ですので、親自身もまた自分の魅力を知らず子どもにも伝え方がわからない、といった現象が起こってしまっているのです。ですから、自分のダメなところや自己嫌悪している部分は山ほど発見できるわりに、自分の魅力は元々「ない」と思っている人が大半です。

また、あまりに低い自己評価や自己否定は、うつ病などの心の病気を誘発するきっかけとなることもあります。特に昨今のストレス社会だと、ちょっとしたことがきっかけで発病してしまうことも少なくありません。そうならないためにも、「自分の魅力をちゃんと理解し認識しておく」ことが大事なのです。

自分の魅力を認識している人は、自己肯定感を持つことができるので、側から見るとどこか自信をもっているようにも見えます。また自己肯定感をもっていると、ストレスがかかる場面でもあまり無理をせずに自然体で対応することができたり、根拠のない自信が湧いてきたり、「自分を大切にして生きよう」とする心を育てることができたりと、とても多くのメリットがあります。

では、一体どのようにして自分の魅力を発見すれば良いのでしょうか?

どうやったら自分の魅力に気づくことができるか

書店へ行くとわかりますが、「自分の魅力に気づく類の書籍」はいつもどんな時もあるものです。それと並行して自分の魅力に気づく方法は、とてもたくさんあります。実際にカウンセリングでも効果的に自分の魅力に気づく方法をレクチャーすることもありますが、今日はより効果的な方法を具体的に説明してみようと思います。

まず、「あなたの魅力はどんなところですか?またチャームポイントはなんですか?」と質問されたと思ってください。すぐにパッと頭に浮かんだ人は「自分の魅力について少しは認識がある人」です。しかし、カウンセリングで上記の質問をしてもすぐに答えられる人は1割もいないくらいです。

本来ならば「私の魅力は笑顔が素敵で愛嬌があって、いつも愛想が良いところです!」と言えても良いくらいですが、なかなか難しいのが現実です。このように「自分の魅力」については全然理解をしていない人が多いのですが、おかしなことではありません。そもそも自分の魅力はなかなか自分ではわからないものです。特に自己否定が強かったり、自分のことを認められない気持ちが強かったりすると、全くわからないことも普通にあります。

そんな時に有効なのが、「他人に聞いてみる」という方法です。

「自分の魅力は一体どんなところか」他の誰かに質問をするのです。すると、きっとあなたが思っている以上にあなたの魅力や価値をみてくれている人がいることを発見できます。そして「自分には魅力がある」ことに気づくこともできるのです。

なぜ他人に聞いてみる方法が有効かというと、他人はあなたと違った視点をもっています。誰一人としてあなたと全く同じ感覚で同じ視点の人はいないものです。ですから、あなたが思ってもみなかった視点からあなたの魅力を見てくれるのです。

人は自分のことについてはなかなか解らないものですが、他人のことに関してはよく見えるものなのです。他人から魅力を見てもらうことは、自分では意識していない無意識の領域の魅力に気づくことも十分にあります。そして、できれば多くの他人に「自分の魅力」について問いかけてみることをお薦めします。多くの人に聞けば聞くほど、あなたの魅力の数がどんどんと増えていくことでしょう。

ここで少しだけ落とし穴があるとすれば、ストイックで自分に対して厳しい人ほど厳しい意見を言ってくる人に自分の魅力を聞いてしまいがちです。すると「あなたは笑顔が良いけれど、でもだらしないところをもっと改善した方が更に良くなるのでは」などとマイナス面も強調して伝えてくる場合が多いのです。魅力を聞いているのにマイナス面を強調しても全く意味はないので、できるだけ心の知れた知人・友人や丁寧で優しそうな人に聞いてみるのが良いでしょう。

何人かに自分の魅力を聞いたら、myノートを作って自分の魅力を箇条書きにしまとめてみると良いでしょう。そして何度も何度も読み返すことで自分の魅力を心にインプットさせ、自分の魅力について理解と認識を深めるとなお良いことでしょう。