妥協ができない完璧主義の心理とは

完璧主義の心理コラム
コラム
このページの監修者
城川 光子

1985年東京生まれ。私立渋谷幕張高等学校、上智大学文学部、関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻。
公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー試験合格。心療内科クリニックでのカウンセリング、小学校スクールカウンセラーなどの職務経験。

心理資格ナビを購読する

現代人に多い完璧主義について

完璧主義の考え方

「仕事では一切妥協ができなくて、いつも頑張りすぎてしまいます」
「いつも0か100か、白か黒かで物事を考えてしまいます」
「人からの評価が気になるので、人前では何でも完璧にこなそうとしてしまいます」

日常でもカウンセリングでもよく出会いますが、いわゆる完璧主義の考え方です。

自覚があってもなくても、完璧主義に陥ってしまっている人は、現代人に多いと感じています。何でも完璧にやろうと頑張ってしまうために、過剰な疲労やストレスが溜まってしまい、燃え尽きてしまう、あるいはうつ病になって、医療機関やカウンセリングにいらっしゃる方もいます。

または、人間関係がうまくいかずに、いつも人とトラブルを起こしてしまうという問題の根底にも、完璧主義が隠れている場合もあります。

完璧主義のストレス

ある研究では、うつ病と完璧主義は関連が高いという結論を出しています。

完璧主義者は、一見周りからは「何でもこなせる素晴らしい人」と評価を受けていることも少なくありませんが、当の本人の頭や心の中はいつも忙しく、不安が高く、心底リラックスすることはありません。よって心身ともに不調になっていく場合も多いのです。

完璧な状態からの「引き算」

完璧主義とは、どんなことも常に完璧な状態からの「引き算」で考え、際限なく頑張り続けることです。自分に厳しい自己評価を課し、他人の評価をとても気にする傾向もみられます。

この完璧主義、一体どのようなデメリットがあるのか、どんな原因が考えられるのか、またどのように改善していけば良いのか考えてみたいと思います。

まとめて資料請求
「心理カウンセラー」の通信講座を資料請求する(無料)

完璧主義のデメリット

自己評価が低い

まず、完璧主義者の多くは、とても自分に厳しい人が多く、そのため自己評価が低くなりがちです。

例えば仕事で、あるプロジェクトを完璧にこなし、上司や同僚に良い評価をされたとしても、「これでやっと当たり前。次も完璧にこなさなければならない」という気持ちを抱きやすいのです。

完璧にこなすことには終わりがなく、永遠に続いてしまいます。ただ、失敗が全くない人はこの世には存在しません。少しのミスでも、過剰に自分を責めて、「だから自分はダメだ。何もできない奴だと思われる」と自己否定に走り、ひどく後悔をします。例え上手く仕事をこなしたとしても、「これでようやく普通だから、次はもっとより良い結果を出さなければならない」と自分に厳しい評価を下します。

つまり、ミスをするごとに強く自己否定、成果を上げてもそれは当たり前、つまりはそんなに価値がないと思ってしまうということは、どんなに頑張っても自分に対して「引き算」ばかりしていることになります。それは生きづらいですよね。

頑張り続ける根底に、完璧からの「引き算」をしていると先ほど伝えましたが、失敗しても成功してもその都度さらに「引き算」をしている生き方なのです。

人間関係でトラブルに

次に、自分に厳しい人というのは、必然的に他人に対しても同じ基準を強要してしまうため、距離を置かれてしまうこともあります。妥協が許せないため、些細なことまで自分の思い通りでないと気が済まないのです。

一度、私自身が完璧主義の上司に当たったことがありますが、本質的でない重箱の隅をつつくような指摘ばかりで、さらに内容が細かすぎてどこに上司の基準があるのかわからず、なんとか成果物を出しても「ここが良くない」「ここが足りない」「どうして気づかないのか」と否定ばかりでした。「精一杯やっているのに認められない」状態が続いて、とても苦しかったのを覚えています。

このように他人にも同じ基準を課すので、相手を疲弊させてしまい、それが続けば、人が離れていき、孤立してしまうこともあります

完璧主義者の人が「人間関係でトラブルを起こしてしまう」原因は、他人に対しても完璧を求めてしまい、それが元で反感を買い、信頼を失ってしまっているからです。

人の評価が気になる

さらに、人の評価を気にしすぎて疲弊してしまいます。何事も自分軸でなく他人軸で考えるため、努力する目的が「他人に認められるため」になってしまいます。

かくいう私も学生時代はあまり人前での発言が得意でなく、「こんなものもわからないのかと思われたらどうしよう」「そんなの当たり前だと思われたらどうしよう」と他人の評価を気にして、なかなか発言できなかったのを思い出します。

結局のところ、他人を基準にすると、「正解はどんなに考えてもわからない」のです。相手はどう思っているのか、どうしたら評価されるのかばかりを気にしてばかりだと、疲れ果ててしまいます。

完璧主義のデメリット・まとめ

完璧主義のデメリットとして、

  1. 自分に厳しくて、できてもできなくても否定てしまう
  2. 他人にも同じ基準を課すので敬遠されてしまう
  3. 人の評価を気にして消耗してしまう

ということを挙げました。

完璧主義の人は、何でもできるように見えるため、有能な人と思われがちですが、これら全ての根底にあるのは自己肯定感の低さです。

自己肯定感が低くて、不安でいっぱいだからこそ、何でも完璧にこなし、他人から評価や賞賛を得ないと自分を認めることができないと心は感じているのです。

まとめて資料請求
「心理カウンセラー」の通信講座を資料請求する(無料)

完璧主義の原因

幼少期の親との関係性が原因になるという説も

完璧主義になってしまう原因を考えてみると、幼少期の親との関係性につながるという説もあります。

例えば、テストで95点をとった時には「何で小さなことでミスをしたんだ」と叱責され、100点をとった時は「そんなの当たり前」と言われる。実際に、子どもの絵が区の展覧会で2位に入選したのを「だからこの子はダメなんです!結局いつも1位になれない中途半端な子なんですよ。」と親が否定していたことがありました。

このように親が子どもに対して常に完璧を求める環境下であると、子どもは何事も完璧からの引き算で考えるようになり、完璧主義を強める可能性が高くなってしまうのです。

「親に責められないのは完璧にできたときだけ」だと、完璧以外は受け入れない人間にもなってしまいます。

親が完璧主義だと、子どもも完璧主義になりやすい

また、親自身が完璧主義者である場合子どもも自然と完璧主義者に育っていく可能性が上がります

子どもの失敗やミスを、過度に責めたり、あざ笑うような行為をすると、子どもは

「失敗することはいけないこと」
「失敗することは恥ずかしいこと」

と覚えてしまいます。

すると「絶対失敗しないために完璧にこなさなければならない」という思考が生まれ、完璧主義になっていくのです。

さらに、失敗するくらいなら、何もやらないほうがいい、とチャレンジ精神を失うことにもなります

まとめて資料請求
「心理カウンセラー」の通信講座を資料請求する(無料)

完璧主義はどのように改善すれば良いのか

「引き算」ではなく、自分でできることの「足し算」を

プロスポーツ選手の洗練された技や、世に出ている芸術作品や職人の仕事は、人の心を打ちます。ただ、それは自身の限界を知った上のこと。

例えば、プロスポーツ選手は闇雲に無茶なトレーニングを課せば体を痛めることを知っており、自分に合わせてトレーニングを計画し、そして自分のメンテナンスも怠りません。また、完璧からの「引き算」ではなく自分のできることをコツコツと積み重ね、自分を認め、鼓舞し、ストイックなまでの「足し算」でその域に達しています

その道で一流と言われる人たちは、自分のできることも、できないことも謙虚に知り尽くし、今自分にできることに集中する強さを感じさせます。

「完璧」は幻想にすぎない

そもそも「完璧」というのはありうるのでしょうか。人間は誰しもミスする不完全な存在で、その人間が作り出すものに完璧というのはもしかしたら無いのかもしれません。

「完璧」とは追いかけては消える蜃気楼のようなもので、幻想ではないでしょうか。その永遠に続く「引き算」をやめて、自分の歩んできた道のりや、目の前の自分の小さな一歩を認めてみてもいいかもしれません。

自分の本音「~がしたい」「~でありたい」を優先しましょう

また、完璧主義の人は「~するべきだ」「~であるべきだ」という考え方をもっています。

「~するべき」ではなく、「~がしたい」「~でありたい」という考え方を優先していきましょう。Should から離れ、自身のWantに気づくこと。それは自分軸で生きるヒントになるでしょう。

例えば「仕事はどんなに調子が悪くても毎日休まずに行くべきだ」というルールを守っている人は、「身体の調子が優れないときは休みたい」という気持ちを優先してください。

ルールを優先するのではなく、自分の本音を優先してはいかがでしょうか。

他人を基準にするのをやめること

また他人を基準にしているがゆえに、ひとたび周りから批判されるとこの世が終わったようなショックがあるでしょう。

他の人は神様ではなく、自分と同じ不完全な人間です。もともと習慣的に何でも否定的に言う人もいるし、単に不機嫌で八つ当たりされているのかもしれません。その全てに応えるのはもはや不可能です。

他人は変えられない、自分に変えられるのは自分だけなので、そこに注力しましょう。

何か言われた時のショックは皆それなりにあるものですが、何も自分自身の存在”Being”を否定されているわけではなく、今回やったこと“Doing”の一部に改善の余地、つまり伸びしろがあると言うだけです。そこははっきり線引きし、自信を守りましょう。

自分をいたわること

また、ショックが続く間は、自分の好きなことをして、まるで一番大事な親友に接するかのように、自分自身に対しても丁寧に心を込めていたわってあげてください。

カウンセリングを使ってみるのも良い方法の一つと言えるでしょう。自分では無自覚でも、これまでの経験から完璧主義になってしまっている可能性も十分にあります。昔から感じていたストレスや家庭環境や人間関係を他人に話すだけでも、自分の心の中が整理され、気づきや発見があるかもしれません。

完璧主義の人にとって、人に頼ることはチャレンジングですが、実際にやってみることで自分の変化を感じられるかもしれません。

■参考文献
・水島広子(2016)『プレッシャーに負けない方法―「できるだけ完璧主義」のすすめ』株式会社さくら舎

まとめて資料請求
「心理カウンセラー」の通信講座を資料請求する(無料)

タイトルとURLをコピーしました