ケアストレスカウンセラーの資格を取得するには?合格率や取得方法を解説!

ケアストレスカウンセラーの資格を取得するには?ケアストレスカウンセラー
ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラーとは?

ケアストレスカウンセラーとは、内閣府認可である財団法人 職業技能振興会が認定・発行している資格で、 何らかのメンタル疾患を抱えた方への対応や予防の啓発など、心のケアができる人材を育成することを目的としています。

資格を取得することで、日常生活におけるストレスへの対処法などが身につくだけでなく、友人や家族へのストレスのケアにも役立ちます。また、うつ病や統合失調症、パニック障害などのメンタル疾患の症例についても学習しますので、心の病に関する正確な知識を身につけることができます。18歳以上であれば、どなたでも試験を受けることができるのもポイントです。

ここでは、ケアストレスカウンセラーの資格取得方法や試験についてご紹介します。

ケアストレスカウンセラーの資格を取得するには?

試験を受け、合格した後に認定登録が必要!

ストレスケアカウンセラーの資格取得までのステップは次の通りです。

1、ケアストレスカウンセラーの認定試験を受ける
申込はウェブで行います。試験は、コンピューターで試験を受けるCBT形式となります。

2、ケアストレスカウンセラーの認定登録をする
試験の合格者に認定登録の案内がメールで送られます。

3、資格取得

ケアストレスカウンセラーの出題範囲と内容

ケアストレスカウンセラーの資格試験は、資格を認定・発行している職業技能振興会が監修した『ケアストレスカウンセラー公式テキスト』と一般常識から出題されます。

公式テキストでは次の3つの分野について学ぶことができます。

  • 心理学の基礎知識
    心を学問的な見地から理解して、人間の行動を決めるもの、背後にある無意識の行動理由について学びます。また、有名な心理療法(精神分析療法、森田療法、認知療法など)の基本も学びます。
  • 精神医学の基礎知識
    医学的な見地から心を理解します。正常と異常の違いや、精神科の診断方法と治療法、主要なメンタル疾患などです。
  • コミュニケーションの基本知識
    人との関わり方の基本や、人の話を聞く姿勢などについて学びます。

ケアストレスカウンセラーの認定試験は独学で合格できる?

合格を目指すことは可能!確実に合格を目指すなら通信講座がおすすめ!

ケアストレスカウンセラーの認定試験は独学でも受験できます。初めて心理系の資格を取得の勉強をするという方は通信講座を受講するのがおすすめです。

▽ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』
講座名価格
ケアストレスカウンセラー講座 34,000円

ケアストレスカウンセラーの独学にテキストは必要?勉強時間や期間は?

独学でケアストレスカウンセラーの資格取得を目指す場合は、先程説明した公式テキストを購入して勉強する必要があります。公式テキストは、本屋やインターネットで販売しています。ただし、通信講座で使用するテキストとは異なります。
勉強時間については、独学の場合個人差があるでしょう。テキストには心理学の専門用語も出てきますので、心理学の知識がゼロという場合は、理解に少し時間がかかるかもしれません。

たのまなの通信講座では、ケアストレスカウンセラーの資格を認定している職業技能振興会から「公式本」として認定されたテキストを使用しているので、独学で勉強するよりも効率的に勉強することができます。また、添削課題があったり、職業技能振興会推進の講義DVDがついてくるので、つまずくことなく段階別に学習できるのもポイントです。

公式HP
ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』公式ホームページ

ケアストレスカウンセラーの過去問はある?

ケアストレスカウンセラーの試験問題は公開されていませんし、過去問も発売されていません

しかし、試験範囲は公式テスト1冊の内容のみですので、テキストを繰り返し読み込んで知識を定着させることができれば、合格は難しくないでしょう。

ケアストレスカウンセラーの試験方法は?

全国にある試験会場で、コンピューターで試験を受ける!

ケアストレスカウンセラー認定試験は、ウェブで申し込みを受け付けています。
試験概要については以下の通りです。

▽ケアストレスカウンセラー認定試験概要
項目内容
受験資格 18歳
試験方式 試験会場にあるコンピューターを利用したCBT形式
受験会場 全国220以上ある会場から選択可能
問題形式 多肢選択式 25~27問
試験内容 公式テキストの中から出題
(+一般常識問題)
試験時間 60分
受験料 10,000円
※資格の認定登録として3,000円がかかります。(認定カード・認定証書発行)
試験日程
申込期間
【第37回試験】
試験実施日程:2022年12月1日~2022年12月27日
試験申込期間:2022年11月1日~2022年12月24日

ケアストレスカウンセラーの難易度と合格率は?

難易度は高くない!合格率は非公開

たのまなのケアストレスカウンセラー講座の標準学習期間は、約3ヶ月となっています。口コミを見ると、3ヶ月~6ヶ月で合格した!という方が多いようです。

ケアストレスカウンセラー認定試験は正答率70%以上で合格となります。合格ラインをクリアできるよう準備と試験対策をするとよいでしょう。

試験の合格率は非公開となっていますが、通信講座できちんと勉強すれば合格は難しくありません。

公式HP
ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』公式ホームページ

合格後は上位資格にも挑戦できる

ケアストレスカウンセラーの資格取得後は、以下に紹介する各分野に特化した3つの上位資格に挑戦することができます。

講座名価格
青少年ケアストレスカウンセラー 50,000円
企業中間管理職ケアストレスカウンセラー 50,000円
高齢者ケアストレスカウンセラー 50,000円

それぞれの分野に特化した資格となりますので、保育士など子どもと関わる仕事をされている方は青少年ケアストレスカウンセラーを、企業で管理職をされている方は企業中間管理職ケアストレスカウンセラーを、介護のお仕事をされている方は高齢者ケアストレスカウンセラーを目指すなど、ご自身の仕事や要望に合わせてこれらの資格を取得するのもおすすめです。

以下に上位資格の試験概要を掲載します。

項目内容
受験資格 18歳
ケアストレスカウンセラー資格保有者
試験方式 試験会場にあるコンピューターを利用したCBT形式
受験会場 全国220以上ある会場から選択可能
問題形式 多肢選択式 25問
試験内容 公式テキストの中から出題
(+一般常識問題)
試験時間 60分
受験料 12,000円
※資格の認定登録として5,000円がかかります。(認定カード・認定証書発行)
試験日程
申込期間
【第37回試験】
試験実施日程:2022年12月1日~2022年12月27日
試験申込期間:2022年11月1日~2022年12月24日

それぞれヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』を受講することで資格を取得できます。

公式HP
ヒューマンアカデミーの通信講座『たのまな』公式ホームページ

ケアストレスカウンセラーの資格はどんな仕事に役立つの?

現代社会では幅広く役立つ!

ケアストレスカウンセラーでは、心の病の基礎知識やメンタル疾患の予防方法などについて学ぶことができます。

社会人であれば、多かれ少なかれストレスはつきもの。そんな時に、ケアストレスカウンセラーの勉強で身につけた知識が役立つはずです。また、現在では心の病を抱えている人も多くいます。例えば、職場の同僚や部下などがそのような心の病を抱えている場合も対処法が分かっていれば、アドバイスしてあげることができます。

自分自身や、身近な人のストレスケアができるので、どんな仕事に就いている方でもケアストレスカウンセラーの資格は役に立つでしょう。

「ケアストレスカウンセラー」のほかにも同程度の価格帯(5万円以内)で、初心者向けの通信講座が沢山あります。
気になる方は下記の講座もぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました