心理資格ナビ
ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ ゼロからスタート!心理カウンセラーを目指す方へ

心理カウンセラーになるには資格が必要なの?

更新日:2019/04/18

必要資格・経験年数の規定は特にありません!
心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーになるために、絶対に必要な資格はありません。極端な話、未経験者でも今から「心理カウンセラー」になることはできます。しかし、知識やスキル、経験がない人に相談したいと思うでしょうか。
プロの心理カウンセラーとして活躍したいのであれば、心理カウンセリングの知識と技術を身に着けながら、臨床経験を積む必要あるでしょう。(臨床経験とは、心理カウンセリング現場での経験を指します)

これから心理カウンセラーを目指そうとお考えの方は、まずはじめに心理カウンセリングの知識と技術を学んでみてはいかがでしょうか。心理カウンセリングの知識や技術は、心理カウンセラー養成学校や心理カウンセリング関連の資格スクールなどで学ぶことができます。

また、ここでは心理カウンセラーにはどんな資格があるのか、仕事内容や求人事情、どんな方は心理カウンセラーに向いているかなどを紹介します。是非参考にしてみてください。

そもそも心理カウンセラーとは?

心理カウンセリング、心理療法などによりメンタルケアを行う専門家!

心理カウンセラーとは、相談者の「悩み」に対して「心理カウンセリング」や「心理療法」などのアプローチを用いながら改善に導くメンタルケアの専門家です。医師による「治療」と明確に区別されており、話を聞くこと(傾聴)により相談者自身の力で解決の方向性を見出すことを主に行っています。
実生活での周囲や社会との関わり、日常的な問題の解決策を見出す場面で活躍が期待されているといえるでしょう。

心理カウンセラーにはどんな資格があるの?

国家資格からスクール・民間団体認定の民間資格までさまざまあり!

心理カウンセラー関連の資格は、2017年施行の公認心理師法により誕生した『公認心理師(国家資格)』、指定大学院や専門職大学院修了が資格取得条件となっている『臨床心理士』などがあります。また、民間団体が認定している『産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、メンタル心理カウンセラー』などさまざまあります。主な心理カウンセラー資格と団体を紹介します。

主な心理カウンセラー 関連資格・団体
◎臨床心理士
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会

◎公認心理師
文部科学省・厚生労働省(国家資格)

◎産業カウンセラー
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

◎キャリアコンサルタント
日本キャリア開発協会

◎メンタルケア心理士®
一般財団法人日本能力開発推進協会

◎メンタル心理カウンセラー・メンタルケアカウンセラー®
メンタルケア学術学会

尚、心理カウンセラーの関連資格は他にもたくさんあります。『心理カウンセラー関連資格はなぜ種類がたくさんあるの?』で詳しく紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

心理カウンセラーはどんな仕事をするの?

主に心の病を抱えた方の心理カウンセリングを行う!

心理カウンセラーは、主に心の病を抱えた方の心理カウンセリングを行います。しかし、活躍の場も幅広いため、勤務先によっては求められる仕事や役割も変わってきます。仕事領域と主な活躍の場を紹介します。

心理カウンセラーの主な仕事内容
・心の病を抱えた方やその家族の相談に乗り、苦しみや悩みを軽減させる
・友人・家族・教師との関係、学業のこと、不登校、摂食障害、発達障害など様々な悩み・病気の相談
・職場での人間関係の悩みや、うつ病などの心の病、また大人になって初めて表面化した発達障害などの問題にも向き合う
・働く人の抱えた問題や悩みをサポート
・仕事の悩みを通して自己理解を深められるように導く
・企業セミナーなどでメンタルヘルスケアについての講義を実施
・子どもを抱える親からの相談対応
・心理検査や面接などを行い、犯行時の精神状態を明らかにする
・臨床心理学の知見に基づき、認知行動療法や精神分析療法などの心理療法、カウンセリング

心理カウンセラーの仕事領域・主な活躍の場
◎医療領域
【病院やクリニック、保健所、精神保健センターなど】

◎教育関連領域
【学校や教育センターなど】

◎産業関連領域
【企業内の相談室、職業安定所、健康管理センターなど】

◎福祉領域
【児童相談所、高齢者福祉施設、リハビリテーションセンター、障害者施設、精神保健福祉センターなど】

◎司法・矯正領域
【家庭裁判所、少年鑑別所、刑務所、少年院など】

◎大学・研究領域
【専門学校、大学、大学付属の心理・臨床センター、民間企業の研究機関など】

心理カウンセラーの仕事内容については『心理カウンセラーの仕事内容・活躍の場は?』で詳しく紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

心理カウンセラーの求人状況は?

所有資格によってエントリーできる求人件数は異なる!

日本でも少しずつではありますが、メンタルケアの重要性を考える人も増えてきているように感じます。実際「心理カウンセリング」「心理カウンセラー」という言葉も様々な場面で耳にすることもありますよね。2017年施行の公認心理師法により『公認心理師(国家資格)』が誕生したりと、日本国内での心理カウンセラーの地位や職場環境はこれから徐々に変わっていくと推測しています。
主な資格別での求人件数をまとめてみました。

▽心理カウンセラーの求人状況
※某求人サイトを参照

職種 正社員 求人件数 パート・アルバイト 求人件数
臨床心理士 1,287件 508件
キャリアコンサルタント 55,163件 1,979件
公認心理師 140件 65件

心理カウンセラー関連の求人は、臨床心理士やキャリアコンサルタントであれば複数のエントリー先から選ぶことができるでしょう。また、心理カウンセラーの求人募集でも、臨床心理士の資格所有者などが必須となっています。
心理カウンセラーとして働きたい方は、臨床心理士の資格取得をされるとエントリー先も広がることでしょう。

>> 心理カウンセラー講座の資料請求(無料)

心理カウンセラーの求人事情については『心理カウンセラーの求人は少ない?』でも紹介しています。是非参考にしてみてください。

心理カウンセラーの収入はどれくらい?

月給20〜25万円程度、年収300〜400万円が相場!

心理カウンセラーの収入は月給で20〜25万円程度、年収だと300〜400万円が相場ではないでしょうか。所持資格や勤務先、実務経験の有無によって収入アップも当然見込めるでしょう。
職種別に収入の相場をまとめてみました。

▽職種別 収入の相場まとめ
※某求人サイトを参照

職種 正社員 求人件数 パート・アルバイト 求人件数
臨床心理士 月給:22〜25万円程度
年収:350〜400万円程度
時給1,000〜1,300円程度
キャリアコンサルタント 月給:23〜30万円
400万円前後
時給1,200〜1,500円程度
公認心理師 月給:22〜30万円程度
年収:350〜500万円程度
時給1,500円前後

心理カウンセラー関連の求人は、臨床心理士やキャリアコンサルタントであれば複数のエントリー先から選ぶことができるでしょう。また、心理カウンセラーの求人募集も臨床心理士の資格所有者などが必須となっています。
心理カウンセラーとして働きたい方は、臨床心理士の資格取得をされるとエントリー先も広がることでしょう。

>> 心理カウンセラー講座の資料請求(無料)

心理カウンセラーの収入事情については『心理カウンセラーの収入事情』でも紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

心理カウンセラーに向いている人は?

人のこころに興味があり、よく悩みごとを相談される人!

心理カウンセラーは人の心をケアする仕事ですので、人の心に興味があることが大前提です。 人はどういう時に心が動くのか、どういう時に傷つくのか、どういう時に喜ぶのかなど、普段から考えたり興味がある人が向いています。

「人からよく悩みごとを相談される」「人の話しを聴くのが上手」な人が向いていると言われています。人からよく悩みごとを相談されるということは、あなたが聴き上手な証拠かもしれません。多くの人はすぐに判断をしたり答えを出そうとしますが、相手の話をよく聴いてあげることは忍耐力も必要です。人は話しを聴いてもらうだけでも楽になったり、抱え込んだ悩みを吐き出すだけで肩の力が抜けるもの。心理カウンセラーにとって傾聴はとても大切なことです。

反対に、心理カウンセラーに不向きな人は、自分の意見を主張しがちな人。心理カウンセリングをする上で、「こうした方がより良くなるのでは」と提案をしたり、意見をしたりするスタイルもありますが、自分の意見を押し付けたり、「絶対にこうした方が良い」「こうしないと解決しません」など相手の価値観を否定したりすることは心のケアにはつながりません。多くのクライアントはただでさえ不安を抱えていたり、悩んだり迷ったりして心理カウンセリングを受けているのに、カウンセラーに自分の価値観を否定されたりすると、更に傷ついたり自信を失くしたりしてしまう可能性があります。ですので、自分の意見を主張しすぎてしまう人はカウンセラー向きとは言えません。
心理カウンセラーに向いている性格や人生経験は?」でより詳しく紹介しています。是非参考にしてみてください。

心理カウンセラーを目指すなら

心理カウンセラー関連の資格取得をおすすめします。

心理カウンセラーを目指すのであれば、知識・スキルがあることを証明するためにも関連資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
本格的に幅広く心理カウンセラーとして活躍していきたい、という方には『臨床心理士』をおすすめします。逆に、基本的な知識やスキルを一先ず学んでみたい、という方は『産業カウンセラー』『キャリアコンサルタント』など、各資格認定団体の指定する講座修了することで受験資格が得られるものが目指しやすいでしょう。

大切なのは、心理カウンセラーとしてどのようになりたいのかを決めることだと思います。そのうえで、必要な知識・スキルを身につけられる(証明できる)資格を選ぶとよいでしょう。

心理カウンセラーについてもっと詳しく知りたい方向けに、目的別での参考記事をまとめてみました。こちらも参考にしてみてください。

目的 参考記事
心理カウンセラーの関連資格について知りたい 心理カウンセラー関連資格はなぜ種類がたくさんあるの?
心理カウンセラーの学校・費用について知りたい 心理カウンセラーの学校を価格や内容で徹底比較
心理カウンセラーの仕事内容や活躍の場について知りたい 心理カウンセラーの仕事内容・活躍の場は?

トピックス

毎月更新!受講料キャンペーン情報や新規スクール情報は要チェック!

スクールのキャンペーン受講料や掲載スクール情報追加などを毎月更新しています。以下に更新情報をまとめましたので、こちらも是非確認してみてください。

心理カウンセラーの講座選びなら
BrushUP学び

BrushUP学び

BrushUP学びは心理カウンセラー資格を中心に、セラピストを目指す方が通う、癒し系スクールなどの情報をまとめたサイトです。最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。

心理カウンセラーの資料請求はこちらから