スクールカウンセラーになるには?

スクールカウンセラーになるには?スクールカウンセラー
スクールカウンセラー
この記事を書いたのは
城川 光子

公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー試験合格。心療内科クリニックでのカウンセリング、小学校スクールカウンセラーなどを経験。
2児の母として子育てをしながら、「心理資格ナビ」の記事監修も担う。

心理資格ナビを購読する

スクールカウンセラーとは

学校で活躍する心理の専門家!

スクールカウンセラーとは学校現場で児童・生徒の心のケアを行う専門家です。「School Counselor」の略で「SC」と呼ばれることもあります。

学校に専属する場合もありますが、「月曜日はA小学校」「火曜日はB中学校」というように、近隣の学校を持ち回るケースの方が多いようです。

ここ数年間で、学校現場におけるいじめ対策の動きや教師の負担軽減の観点から、スクールカウンセラー配置の動きは加速しています。
今後も、子どもたちの「心のケア」の重要性はますます高まってくるでしょう。

スクールカウンセラーの仕事

スクールカウンセラーの仕事は、生徒や保護者へのカウンセリングをはじめ、教職員へのコンサルテーション、生徒理解やストレスマネジメントについての研修の実施、関係機関との連携、事件・事故・災害時における心のケアまで多岐に渡ります。

スクールカウンセラーの主な仕事
・児童生徒に対するカウンセリング
・保護者や教職員に対する相談(カウンセリング、コンサルテーション)
・校内会議などへの参加
・教職員や児童生徒への研修・講話
・相談者への心理的な見立てや対応
・ストレスチェックやストレスマネジメント等の予防的対応
・事件・事故・災害などの緊急対応における被害児童生徒の心のケア

スクールカウンセラーが受ける相談内容は、不登校、いじめ、友人関係、親子関係、学習関係などさまざまです。近年は、発達障害、精神疾患、リストカット等の自傷行為やその他の問題行動の相談に対応したり、震災被害を受けた児童の心のケアに当たったりと、ますます多様なケースでの活躍が求められています。

スクールカウンセラーになるには

公認心理師、臨床心理士の資格が◎

スクールカウンセラーは職業の名前であり、スクールカウンセラーという資格があるわけではありません

現在のところ、多くのスクールカウンセラーは、公認心理師臨床心理士の資格保持者です。スクールカウンセラーを目指す方には、公認心理師臨床心理士の資格取得をおすすめします

スクールカウンセラーの応募資格

スクールカウンセラーの応募資格は自治体によって多少異なる場合もありますが、おおむね以下のような条件で募集されています。

■スクールカウンセラー
1. 公認心理師
2. 臨床心理士
3. 精神科医
4. 児童・生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に規定する大学及び同法第97条に規定する大学院(以下「大学等」という。)における心理学系の学部長、教授、准教授、講師(常時勤務をする者に限る。)若しくは助教の職にある者又はそれらの職にあった者

スクールカウンセラーに準ずる者
ア 大学院修士課程+相談業務1年
イ 大学卒業+相談業務5年
ウ 医師+相談業務1年

公認心理師、臨床心理士のほか、 精神科医や大学教員経験者にも応募資格はありますが、希望者はそれほど多くありません。

「スクールカウンセラーに準ずる者」は、基本的には心理系の学校を卒業したうえで、相談業務の経験が求められます。ここで言う相談業務とは、「心理業務または児童生徒を対象とした相談業務」を指しています。

スクールカウンセラーは自治体が募集!

スクールカウンセラーは、基本的に都道府県市区町村の教育委員会などが毎年募集しており、自治体の公式HPなどでも募集要項が公開されています

募集時期は自治体によって異なりますが、10月から12月頃に募集していることが多いです。 任用期間1年間で、4月から3月までになります。

スクールカウンセラーの収入・働き方

時給は高いけれど、非常勤であるのが難点

スクールカウンセラーの給与は自治体によって様々ですが、よく見るのは下記のような条件です。

スクールカウンセラー: 時給5,000円
スクールカウンセラーに準ずる者: 時給3,000円

時給5000円と聞くと高収入の求人に思えるかもしれませんが、多くが非常勤採用勤務日数が週1回程度である、夏休み・冬休み・春休みは勤務できずその月の分の収入は下がる、勤務日数が年間35日などに決まっている、といったような実情もあります。気になる方はその年の募集要項をしっかり確認しましょう。

1校あたりの勤務日数が少ないため、スクールカウンセラーの大半が複数の学校を掛け持ちしていたり、医療機関や福祉機関で非常勤で働く心理士がスクールカウンセラーを掛け持ちしていたりしています。

学校心理士との違い

スクールカウンセラーと学校心理士の違いは下記の通りです。

学校の相談室で児童・生徒の支援を行うカウンセラーの総称、もしくはその職業名のことです。
一方、学校心理士はスクールカウンセラーの業務を行うための資格およびその資格を所持している者のことを指します。
学校心理士について詳しくは下記のページが参考になります。

スクールカウンセラーのやりがいと難しさ

前述したようにスクールカウンセラーは週1回程度の非常勤採用であることが多いのですが、週1回と限られた時間にも関わらず、学校の問題は待った無しで降りかかり、いじめ、不登校、発達障害、突発的な事件など多彩な問題に対応しながら、生徒や保護者との面接や教員との打ち合わせ、管理職への報告や記録作成をしているとあっという間に1日は終わり、精神的・体力的な負荷はかなりのものです。しかし、だからこそ、良い方向に変化したり、成長していく生徒たちを見守る等、やりがいも大きいのも事実です。

スクールカウンセラーは、「この資格を取得したら、無条件でスクールカウンセラーの要件を満たす」といった未経験者にもやさしい求人ではないことをお伝えできればと思います。

タイトルとURLをコピーしました